巨人 日本シリーズ進出に王手 阪神に連勝 CSファイナル

巨人 日本シリーズ進出に王手 阪神に連勝 CSファイナル
プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦はリーグ優勝した巨人が3位の阪神に6対0で勝ち、アドバンテージの1勝と合わせた対戦成績を3勝0敗とし日本シリーズ進出へ王手をかけました。
東京ドームで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦は、巨人が1回、ダブルプレーの間に1点を先制し、4回には5番・ゲレーロ選手のツーランホームランで2点を追加しました。

続く5回にも犠牲フライと4番・岡本和真選手のタイムリーヒットで2点を加え、5対0とリードを広げました。

投げては先発のメルセデス投手が、持ち味の低めを丁寧につくピッチングで7回をヒット3本無失点と好投しました。

8回にも1点をあげた巨人が6対0で快勝し、優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝と合わせたファイナルステージの対戦成績を3勝0敗とし、日本シリーズ進出へ王手をかけました。

巨人 メルセデス投手「強気のピッチングができた」

7回をヒット3本無失点と好投し、勝ち投手になった先発のメルセデス投手は「序盤からストレートも変化球も攻めのフォームで投げられた。6回、7回は『特にここからだ』と思って気持ちを入れ替え、1人のランナーも出さないという気持ちでいけた。またすべてのイニングで強気のピッチングができた」と投球内容に納得していました。

巨人 亀井選手「しっかりとしとめることができた」

1番バッターとしてヒット3本を打ち打線を引っ張った亀井善行選手は「トップバッターとして出塁することを絶対条件としてやっている。クライマックスシリーズまでに体の状態も調整できたので、しっかりとしとめることができた」と自身の打席を振り返りました。

そして1回に先頭バッターでツーベースを打った時に、二塁にヘッドスライディングした場面について、「シーズン中は絶対にやらないけど、チームを盛り上げることが大事だと思った」と振り返りました。

また5回には二塁ランナーとして一塁ランナーとダブルスチールを決め、追加点につなげましたが、このプレーについては「短期決戦では失敗を恐れずに、隙があればどんどんいくことが必要。揺さぶることはものすごく大事できょうはそれがはまった」と経験豊富なベテランらしく分析していました。

巨人 原監督「最高のピッチング」

巨人の原辰徳監督は好投した先発のメルセデス投手について、「僕の知りうるかぎり今シーズンいちばんと言っていい最高のピッチングだった。リズム、コントロールに加え、球速もあった」と高く評価しました。

日本シリーズ進出へ王手をかけて臨む11日の第3戦に向けては、「なにも保証はないわけですから、あしたもまた、フラットな状態で戦いますよ」と気持ちを引き締めていました。

阪神 高橋投手「先制点を与えてしまい悔しい」

阪神の先発、高橋遥人投手は2回を投げて1失点の内容に「1回に先制点を与えてしまい悔しい。相手打線を抑えてやろうと強い気持ちでいったが、短いイニングで点をとられてしまいチームに申し訳ない」と厳しい表情で話していました。

阪神 ガルシア投手「気持ちを切り替えていく」

阪神の2人目として登板し、4回に巨人・ゲレーロ選手にツーランホームランを打たれたガルシア投手は「チームに流れを持ってくる意味でも大事なイニングだっただけにホームランを打たれ悔しい。ただあすも試合があるので気持ちを切り替えていく。体の疲れはあるが、それは考えずチームの助けになるようなピッチングをしていきたい」と話していました。

阪神 矢野監督「4連勝を目指す」

敗れた阪神の矢野燿大監督は「攻める姿勢は出せていたので、勝負の結果を受け止めるしかない。ここまで苦しいときこそ前を向いて戦ってきた。土俵際に立たされたが、4連勝を目指してやっていく」と話していました。