電力12社「金品受領の事例なし」と報告 菅原経産相

電力12社「金品受領の事例なし」と報告 菅原経産相
関西電力の経営幹部らが3億円を超える金品を受け取っていた問題で、菅原経済産業大臣は、衆議院予算委員会でほかの電力関連の会社12社に聞き取りを行った結果、いずれも金品を受け取った事例は無いという報告を受けたことを明らかにしました。
関西電力の経営幹部らが多額の金品を受け取っていた問題について、菅原経済産業大臣は午後の衆議院予算委員会で、「きのう外部の独立した第三者のみからなる委員会で内部の調査を行う取り組みが始まった。調査を受けて、しっかりと厳正に処する」と述べました。

菅原大臣は、関西電力を除く大手電力会社9社と、電源開発、日本原子力発電、それに日本原燃の合わせて12社における同様の事例の有無について、「聞き取りをしたところ、今回のようないわゆる金品を受け取ったことは無いということだった。コンプライアンスの順守に不断に取り組むよう各社をしっかりと指導していきたい」と述べました。