豚コレラ 今月中にも10県でワクチン接種

豚コレラ 今月中にも10県でワクチン接種
ブタの伝染病、豚コレラの感染拡大が続くなか、農林水産省は野生のイノシシへの感染が確認されている岐阜県など10の県で、ブタへの感染を防ぐワクチンの接種を行うとする案をまとめ、専門家の会議で了承されました。これを受けて各県は、接種を行う態勢を整え、早ければ今月中にもブタへの接種が始まる見通しです。
農林水産省は10日に開いた専門家の会議で、ブタへのワクチン接種ができるよう改定した、豚コレラへの対応方法をまとめた指針の案を示しました。

それによりますと、ブタへのワクチン接種は豚コレラを拡大させているとされる野生のイノシシへの感染が確認されている地域で行うとしていて、具体的には、埼玉県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、そして、今月新たに感染が確認された群馬県を加えた10の県で進めるとしています。

これらの県では野生イノシシの感染状況や、養豚場の数、周辺の環境などを考慮して、接種を行う具体的な地域を決めるとしていて、改定案は会議で了承されました。

これを受けて近く、農林水産大臣が指針を正式に決定したあと、各県の知事が接種する地域や時期、態勢など具体的な計画を決めることになっていて、早ければ今月中にも接種が始まる見通しです。

農林水産省は「感染をこれ以上、拡大させないよう、各県と連携してなるべく早く接種を進めていきたい」と話しています。