自衛隊観艦式に中国海軍初参加の艦艇 横須賀に入港

自衛隊観艦式に中国海軍初参加の艦艇 横須賀に入港
今月14日に行われる自衛隊観艦式に中国海軍として初めて参加する艦艇が、横須賀港に入港し、歓迎行事が行われました。海上自衛隊としては、中国の海洋進出に警戒を続ける一方、部隊レベルでの交流を深め、現場の偶発的な衝突を防ぐ取り組みを進めたい考えです。
横須賀港に入港したのは、中国海軍のミサイル駆逐艦「太原」です。今月14日に神奈川県沖の相模湾で行われる自衛隊観艦式に合わせて来日し、海上自衛隊の幹部らが出迎えて歓迎行事が行われました。

この中で海上自衛隊の渡邊剛次郎横須賀地方総監は、「同じ船乗りどうしで交流を深め、日本と中国の関係の強化につなげたい」とあいさつしました。

ほぼ3年に1度行われている観艦式では、平成24年から各国の海軍にも参加を呼びかけていて、「太原」は、中国海軍の艦艇として初めて参加します。

海上自衛隊によりますと、中国海軍の艦艇が来日するのは、平成21年以来10年ぶりだということです。

日本と中国の防衛交流は、沖縄県の尖閣諸島をめぐり長く停滞していましたが、海上自衛隊がことし4月、中国海軍の国際観艦式に参加するため7年半ぶりに艦艇を派遣するなど、交流が徐々に再開しています。

一方、海上自衛隊は、中国の活発な海洋進出に対しては警戒感を強めていて、「太原」についても、ことし沖縄本島と宮古島の間の海域を通過して太平洋に進出したことを確認しています。

海上自衛隊としては、今回のような部隊レベルでの交流を通じて信頼関係を高めるとともに、現場で双方の艦艇が接近した際などに、緊密に連絡を取り合って偶発的な衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」の取り組みを進めたい考えです。