Jリーグ杯準決勝 川崎と大阪が第1戦に勝利

Jリーグ杯準決勝 川崎と大阪が第1戦に勝利
サッカーの国内三大タイトルの1つ、Jリーグカップはホームアンドアウェー方式による準決勝2試合が行われ、川崎フロンターレとガンバ大阪がともにホームでの第1戦に勝利しました。
初優勝を目指すフロンターレはホームで鹿島アントラーズに3対1で勝ちました。

先制されたフロンターレは守田英正選手のゴールで追いついて前半を終えました。そして後半37分、脇坂泰斗選手の得点で勝ち越し、さらに追加点を奪って3対1で勝ちました。

3回目の優勝をねらうガンバはコンサドーレ札幌に2対1で勝ちました。

ガンバは後半29分、宇佐美貴史選手のペナルティーキックで先制し、42分に同点とされましたが、終了間際に倉田秋選手が決勝のゴールを決めました。

第2戦は今月13日に行われます。