吉野さんの妻「ふだんとは別人のように思いました」

吉野さんの妻「ふだんとは別人のように思いました」
k10012120161_201910092159_201910092201.mp4
ノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さんの妻の久美子さんと娘の裕子さんが9日夜、神奈川県藤沢市の自宅で取材に応じ、喜びを語りました。
妻の久美子さんは、吉野さんからの電話で受賞を知ったということで、「主人から電話で『まだ秘密の段階だから関係先に電話してくれ』と言われ、賞をとれたのだなと思いうれしかったです。テレビのニュースで夫の顔が大きく出て、その下に『ノーベル賞』という文字があったときには、ふだんとは別人のように思いました」と受賞を知った時のことを振り返りました。

日頃の様子については「研究者としての雰囲気は家の中では全く見せないです。ふだんは家事も一切せず、口かずが少なくテレビを見ながらごろごろしていることが多いですね」と笑顔で語りました。

そのうえで「結婚当初は、研究者ではなくてサラリーマンと結婚した気持ちだったので、ノーベル賞などつゆほども思っていませんでした。長い研究の過程ではいろんなことがあったと思いますが辛抱強く乗り越えてきたたまものかと思うと、『頑張ったね』『よかったね』と言ってあげたいです」とねぎらっていました。

また、娘の裕子さんは「ずっとノーベル賞の候補と言われ続けてきて本当かなと思っていましたが、受賞できてよかったなと思います。うれしいので、『おめでとう』『長年お疲れさまでした』と早く言ってあげたいです」と語っていました。