ラグビーW杯 ウェールズ3連勝 決勝トーナメント進出

ラグビーW杯 ウェールズ3連勝 決勝トーナメント進出
k10012120051_201910092134_201910092135.mp4
ラグビーワールドカップ日本大会で1次リーグ、グループDのウェールズ対フィジーは、強豪のウェールズが29対17で勝って3連勝とし、決勝トーナメント進出を決めました。
ことしのヨーロッパ6か国対抗戦で優勝したウェールズは、1次リーグ第3戦でフィジーと大分市で対戦しました。

ウェールズは序盤、負ければ敗退が決まるフィジーに立て続けにトライを奪われてリードされますが、ウイングのジョシュ・アダムス選手が2つのトライを決めるなどして逆転し、14対10で前半を終えました。

後半、反則による一時退場で1人選手が少ない時間帯にフィジーに逆転されましたが、すぐにペナルティーゴールで追いつき、さらに連続トライで再びリードし、29対17で勝ちました。

ウェールズは3連勝で4つ以上のトライを決めたチームに与えられるボーナスポイントも獲得し、勝ち点を14に伸ばし、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めました。

勝ち点11のオーストラリアも決勝トーナメント進出が決まり、フィジーは1勝3敗の勝ち点7で1次リーグ敗退となりました。