北朝鮮漁船衝突 野党 映像公開求める意見相次ぐ

北朝鮮漁船衝突 野党 映像公開求める意見相次ぐ
水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故について、野党が開いた会合では、事実関係を明らかにするため、映像を公開するよう求める意見などが相次ぎました。
石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域内で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故を受けて、立憲民主党など野党側は9日、国会内で水産庁や海上保安庁などの担当者からヒアリングを行いました。

出席した議員からは、漁船の乗組員全員が救助されたあと、別の北朝鮮の船に移って退去したことについて、「そのまま帰さず事情を聴くべきだった」とか、「事実関係を明らかにするために映像を公開すべきだ」といった意見が相次ぎました。

これに対し担当者は「人命優先で活動をしていたところ、北朝鮮籍の船が現れて乗り移っていった。映像の公開は考えていない」と述べました。

会合には北朝鮮に拉致された可能性が排除できない、いわゆる特定失踪者について調査している「特定失踪者問題調査会」の荒木和博代表も出席し、荒木氏は「同様の事案が起きないような方策を考えてほしい」と求めました。