パリで日本人が身につけていた9400万円の腕時計が奪われる

パリで日本人が身につけていた9400万円の腕時計が奪われる
フランスのメディアはパリ中心部の凱旋門近くで日本人の男性が身につけていたスイスの高級腕時計を奪われたと伝え、時計の価格が日本円にしておよそ9400万円だったと話題になっています。
フランスの地元紙「パリジャン」などは、パリ中心部の凱旋門近くにある高級ホテルの前で7日夜、このホテルに滞在している30歳の日本人男性がたばこを吸っていたところ、たばこを求めて近寄ってきた男に腕を押さえられ腕時計を奪われたと伝えました。

男性にけがはありませんでしたが、奪われた腕時計はスイスの高級ブランド「リシャールミル」のもので、文字盤にダイヤモンドがちりばめられ価格はおよそ80万ユーロ、日本円にして9400万円だったということです。

凱旋門の周辺では、ことしに入って高級腕時計の強盗が相次ぎ「リシャールミル」がねらわれたのは、これで5件目だということです。

今回の事件では、腕時計を奪った男が逃げる際に携帯を落としていったということで、警察はこの携帯を手がかりに男の行方を捜査しています。