加害者側教諭「そこまで嫌がっていると思わなかった」校長会見

加害者側教諭「そこまで嫌がっていると思わなかった」校長会見
k10012119511_201910091841_201910091844.mp4
神戸市の公立小学校の4人の教諭が同僚に悪質ないじめを繰り返していた問題で、加害者側の教諭は学校の聞き取りに対し「そこまで嫌がっているとは思わなかった」などと話していることが分かりました。校長は記者会見を開いて「児童や保護者らに多大な迷惑と心配をかけた」と謝罪したうえで、今後、4人を指導にあたらせない考えを示しました。
神戸市の市立東須磨小学校では、30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人の合わせて4人が、20代の同僚の男性教諭に対して羽交い締めにして激辛のカレーを無理やり食べさせるなど悪質ないじめを繰り返していたことが分かっています。被害を受けた教諭はことし9月から出勤できなくなっているということです。

東須磨小学校の仁王美貴校長が9日記者会見し、「児童・保護者らに多大なるご迷惑、ご心配をおかけした」と謝罪しました。

校長によりますと、ことし7月初旬、被害を受けた教諭からコピー用紙の芯で尻をたたかれみみず腫れになったとか携帯を隠されたといった相談を受けたということです。

加害者の教諭から聞き取りを行ったところ、3人の男性教諭はいじめを認め、このうちの1人は「悪ふざけであり、そこまで嫌がっているとは思っていなかった」と話したということです。

一方、女性教諭は「一定の了解のもとの行為という認識で、つらい思いをしていたことは分からなかった」などと主張したということです。

仁王校長は「子どもたちの心の傷は計り知れず、許されるべきものではない」と述べ、今後、4人を東須磨小学校での指導にあたらせない考えを示しました。

また仁王校長は市の教育委員会に具体的なトラブルの内容を説明していなかったことを明らかにしたうえで「認識が甘かった。被害教諭が出勤できなくなった大きな要因であり、私の責任だ」と述べました。

保護者「学校側は何をしていたのか疑問」

2人の子どもをこの小学校に通わせているという男性は「子どもから加害者はいい先生だと聞いていたので、ただただショックです。学校側が開いた説明会にも出席しましたが、問題が発覚してから実際に対応するまでが遅く、学校側は何をしていたのか疑問に思います」と述べました。またこの男性は「今後、被害にあわれた先生へのフォローも学校にはきちんと求めたいです」と話していました。