小学校教諭4人 同僚への悪質ないじめの様子 授業で児童に話す

小学校教諭4人 同僚への悪質ないじめの様子 授業で児童に話す
k10012119411_201910091739_201910091739.mp4
神戸市立の小学校の4人の教諭が同僚に悪質ないじめをしていた問題で、教諭は激辛のカレーなどを同僚に繰り返し食べさせていただけでなく、その様子を授業中に児童に話していたことが分かりました。教育委員会は、いじめの状況を詳しく調べています。
神戸市の市立東須磨小学校では、30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人の合わせて4人が、同僚の20代の男性教諭に対し、羽交い締めにして激辛のカレーを無理やり食べさせるなど、悪質ないじめをしていたことが明らかになっています。

市の教育委員会のこれまでの調査では、加害者の4人の教諭は、カレーを無理やり食べさせる様子をスマートフォンで撮影していたということです。

さらに、ほかの激辛の料理を無理やり食べさせるなど、執ようにいじめを繰り返していただけでなく、4人のうちの複数の教諭は去年の夏ごろ、その時の様子を授業中に児童に話していたということです。

教育委員会によりますと、いじめの現場には4人以外の教諭も同席していたことがあったものの、いじめをやめさせたり校長に報告したりはしていませんでした。

教育委員会は、関係者から話を聞き、当時の状況をさらに詳しく調べることにしています。

無理やりカレー食べさせる映像

NHKが関係者から入手した動画には、いじめを受けていた20代の男性教諭が、問題の4人のうちの2人から無理やりカレーを食べさせられている様子がうつっています。

この中では、羽交い締めにされた男性教諭が「僕は辛いのは好きじゃないんです」と訴えています。

しかし、加害者の女性教諭がカレーを食べさせようとスプーンを近づけ、別の教諭は理由はわかりませんが「勝った」と叫んでいました。

次の動画では、被害者の教諭が無理やりカレーを口に入れられたあと室内を走り回る様子がうつっていて、周りからは笑い声も聞こえていました。