世耕氏側に高浜町 元助役の関連企業社長が献金

世耕氏側に高浜町 元助役の関連企業社長が献金
k10012119061_201910091818_201910091822.mp4
自民党の世耕弘成参議院幹事長の資金管理団体が、関西電力の経営幹部らに金品を渡していた福井県高浜町の元助役が関係する会社の社長から合わせて600万円の献金を受けていたことが分かりました。

世耕氏の事務所は「純粋な個人の支援者からの献金であり、返金する考えはない」としています。
政治資金収支報告書によりますと、世耕氏の資金管理団体「紀成会」は平成27年までの4年間、兵庫県高砂市のメンテナンス会社「柳田産業」の社長から毎年、個人献金の上限の150万円、合わせて600万円の献金を受けていました。

「柳田産業」は関西電力の経営幹部らに3億円を超える金品を渡していた高浜町の森山栄治元助役が以前、相談役を務めていて工事経歴書によりますと、関西電力や子会社から昨年度までの5年間で149億円余りの原発関連の工事を受注していました。

NHKの取材に対し世耕氏の事務所は「純粋な個人の支援者からの献金でありお断りする理由はなく返金する考えはない。森山元助役との面識はない」としています。

世耕氏「純粋な個人献金 違法性ない」

自民党の世耕参議院幹事長は国会内で記者団に対し、「純粋な個人献金で政治資金規正法にのっとって処理されている。今、違法性があるということではないので返金する予定はない」と述べました。

そのうえで「社長が個人的に私の政治理念などに共感して寄付してくれたものと思っている。陳情や要望を受けたことも全くない」と述べました。

また元助役について、「面識は全くないし、会社の役職を務めていたことも知らない。びっくりしたとしか言いようがない」と述べました。

献金の会社 5年間で149億円余の工事を受注

工事経歴書によりますと、福井県高浜町の森山元助役が相談役などを務めていた兵庫県のメンテナンス会社「柳田産業」は、平成26年度から昨年度までの5年間で、関西電力と子会社の「関電プラント」から合わせて315件、149億4000万円余りの工事を受注しています。

受注した工事の内容は高浜原子力発電所など、福井県内の原発でのポンプの点検やタンクの塗装修繕の工事などとなっています。

献金の会社「コメントできない」

「柳田産業」の担当者は、NHKの取材に対し「今回の件に関しては一切取材を受け付けていないのでコメントできない」としています。