関西電力 八木会長辞任へ 臨時の取締役会開く

関西電力 八木会長辞任へ 臨時の取締役会開く
関西電力は、経営幹部らが福井県高浜町の元助役から3億円を超える金品を受け取っていた問題で、9日午前から臨時の取締役会を開いています。このなかで八木誠会長の辞任を決めるものとみられます。
関西電力は、八木会長や岩根茂樹社長を含めた経営幹部ら20人が原子力発電所がある高浜町の元助役から現金や商品券、それに小判型の金貨など、合わせて3億円を超える金品を受け取っていました。

この問題を受け、関西電力は9日午前から臨時の取締役会を開いています。このなかで経営トップの立場にありながら組織として対応せず会社の信用を失ったとして、八木会長の辞任を決めるものとみられます。

一方、岩根社長は、第三者委員会の調査が終了するまで留任する見込みで、その後、辞任する方向だということです。

また、取締役会ではさらなる調査を行うための第三者委員会についてメンバーとなる弁護士を決めることにしています。

原発に関わる巨額の金品の受け取りが発覚したことで、関西経済を代表する企業のトップが辞任する異例の事態となります。

関西電力は、八木会長と岩根社長が9日午後2時をめどに記者会見を開き、今後の進退や第三者委員会の概要について説明することにしています。

福井県知事「事実を究明し再発防止の徹底を」

関西電力の経営幹部らが福井県高浜町の元助役から3億円を超える金品を受け取っていた問題で、八木誠会長が辞任する意向を固めたことについて、福井県の杉本知事は「経営陣が代わることも1つの形だろうが、事実を究明して再発防止を徹底してほしい」と述べました。

杉本知事は9日の定例会見で、関西電力の八木会長が辞任する意向を固めたことについて「会社内のガバナンスが非常に大きな問題だ。経営陣が代わることも1つの形だろうが、事実を究明し再発防止を徹底してほしい」と述べました。

また、福井県内の原発から出る使用済み核燃料の搬出先となる「中間貯蔵施設」の建設地を関西電力が来年をめどに提示するとしてきた問題については「悪い状況に動いているのは間違いない。関西電力は国民の皆さんの理解を得て約束を守ってもらう」と述べました。

この問題をめぐっては、福井県の元幹部職員も高浜町の元助役から贈答品を受け取っていたことが明らかになっていますが、杉本知事は弁護士などからなる調査委員会を立ち上げて、県が発注した公共事業などに影響がなかったかを含め、速やかに調査を始める方針を改めて示しました。