チョ法相の弟の逮捕状 裁判所が請求棄却 韓国メディア伝える

チョ法相の弟の逮捕状 裁判所が請求棄却 韓国メディア伝える
k10012118781_201910091215_201910091217.mp4
韓国のチョ・グク法相の親族が運営する学校法人の不正をめぐり、裁判所は検察が行ったチョ法相の弟の逮捕状の請求を棄却したと韓国のメディアが伝えました。チョ法相の家族に対する捜査は行き過ぎだという批判もあり、検察にとって打撃だという見方が出ています。
韓国のチョ・グク法相の親族が運営する学校法人の不正をめぐり、検察はチョ法相の弟には学校法人から資金を引き出すため虚偽の事実に基づく民事裁判を起こした疑いや、学校法人の教師の志願者の親から日本円にして数千万円を受け取った収賄の疑いがあるなどとして、今月4日、逮捕状を請求しました。

これについて連合ニュースなど韓国のメディアは、ソウルの裁判所が9日未明、逮捕状の請求を棄却したと一斉に伝えました。

棄却の理由について裁判所は、虚偽の民事裁判を起こしたとする容疑については事実関係に「争いの余地がある」と疑義を示したほか、すでに捜索などを通じて証拠が集められており、証拠隠滅のおそれはないと判断したと伝えられています。

また、チョ法相の弟は腰の具合が悪化しているとして、健康状態も考慮したとみられています。

韓国メディアは、検察は再び逮捕状を請求する方針だと伝えていますが、チョ法相の家族に対する捜査は行き過ぎだという批判もあり、逮捕状の請求棄却は、検察にとって打撃だという見方が出ています。