ラグビーW杯会場 食べ物に限り持ち込み可に 売り切れ続出受け

ラグビーW杯会場 食べ物に限り持ち込み可に 売り切れ続出受け
k10012095271_201909231933_201909231945.mp4
今月20日に開幕したラグビーワールドカップ日本大会で会場への持ち込みが禁止されていた飲食物について、23日の試合から食品に限って持ち込めることになりました。
これはワールドカップ日本大会の組織委員会が23日、発表しました。

大会は今月20日に開幕し、全国12の会場で合わせて48試合が行われますが会場への飲食物の持ち込みはすべて禁止されていました。

しかし22日までに東京や大阪などで行われた7試合では、会場に設置されている食品を販売する店舗で売り切れが相次いだり、購入者が長蛇の列となったりする状況が相次ぎました。

このため組織委員会は、今後も同じような状態が続くことが予想されることから23日、愛知県の豊田スタジアムで行われるウェールズ対ジョージアの試合から食品の持ち込みを許可する措置を取ることにしました。

今後、会場には観客が個人で消費できる量の食品を持ち込めますが、飲み物は今後も持ち込み禁止で、会場の店舗で購入するか無料の給水所を利用することになります。

組織委員会によりますと、ワールドカップの過去の大会では飲食物の持ち込みは禁止されていて、今回は異例の対応だということです。

食品持ち込み可 スタジアムでは

23日、試合が行われた愛知県豊田市の豊田スタジアムでは、観客の手荷物を検査する入場口の近くに設けられた看板に書かれた「飲食物持込禁止」の「食」という文字にだけ急きょ白いテープを貼って見えなくしていました。

一方で飲み物は持ち込み禁止が続いているため、入り口にはゴミ箱が設けられ、観客が持ち込めないペットボトルを捨てていました。

長野県から来た30代の女性は「子どもには事前に飲み物をたくさん飲ませてきましたが、熱中症が心配です」と話していました。また、長野県から来た40代の男性は「飲み物も持ち込めるようになればうれしいです」と話していました。

「ファンゾーン」食品持ち込みは自治体判断

ラグビーワールドカップ日本大会では、試合の中継を見たりラグビーを体験したりできる「ファンゾーン」と呼ばれるイベントスペースが、会場がある自治体に合わせて16か所設置されています。

大会の組織委員会によりますと、飲食物の持ち込みはファンゾーンも禁止でしたが、組織委員会が23日から試合会場への食品の持ち込みを許可する措置を取ったことに合わせ、ファンゾーンも、設置している自治体の判断で食品の持ち込みができることになりました。

これを受けて23日夜、ウェールズ対ジョージアの試合が行われた愛知県豊田市のファンゾーンでは食品の持ち込みが可能になったということです。