台風17号から変わった低気圧 北海道 引き続き強風や高波注意

台風17号から変わった低気圧 北海道 引き続き強風や高波注意
台風17号から変わった低気圧の影響で、23日夜から24日朝にかけては北海道を中心に風や雨が強まりました。暴風や大雨のピークは過ぎましたが、北海道では引き続き強風や高波に注意が必要です。
気象庁によりますと、23日夜から24日朝にかけて、台風17号から変わった低気圧が北日本を通過したため、北日本の沿岸部を中心に風が強まりました。

北海道を中心に雨が降り続き、この24時間に多いところで100ミリを超える雨が降りました。

低気圧は北海道の東の海上に抜け、暴風や大雨のピークは過ぎましたが、北日本の沿岸部ではしばらくの間、風が強く、波の高い状態が続く見込みです。

北海道の雨量の多かった地域では地盤が緩んだ状態が続くため、気象庁は、24日昼前にかけては土砂災害に、25日にかけては強風や高波に引き続き注意するよう呼びかけています。