千葉県内の停電 約3000戸(午後10時半)

千葉県内の停電 約3000戸(午後10時半)
東京電力によりますと、台風15号の影響による千葉県内の停電は、およそ3000戸となっています。ただ、東京電力が復旧したとしている地域でも住宅への引き込み線の損傷などで電気がつかないケースが相次いでいて、こうした問題への対応も含め早期の復旧が求められます。
東京電力によりますと、千葉県内では午後10時半の時点で、およそ3000戸が停電しています。

自治体別にみますと、
▽南房総市が1000戸
▽多古町が700戸
▽鋸南町が500戸
▽市原市が400戸
▽富津市が300戸で停電が続いていて、
鴨川市、君津市、茂原市、成田市、袖ケ浦市でも停電しているところがあります。

このうち多古町は今月19日にいったん停電が解消されましたが、22日夜になって再び停電戸数が増えています。

また、東京電力が高圧の電線の工事が完了し送電できたとして、停電は解消したとしている地域でも住宅への引き込み線の損傷などで電気がつかないケースが相次いでいて、東京電力が各家庭からの問い合わせに応じて復旧を急いでいます。

停電に関する問い合わせは、東京電力カスタマーセンターのフリーダイヤル0120-995-007、また、有料では03-6375-9803で、毎日、24時間受け付けています。

東京電力は今月27日までの復旧を見込んでいますが、できるかぎり作業を進めて復旧を早めたいとしています。

ただ、千葉県では、台風17号や前線の影響で、23日にかけて風が強まる見込みで、東京電力は天候によっては安全を確保するために、作業を一時、中断することもありうるとしています。

停電に関する情報は、東京電力のホームページで確認することができます。ホームページのURLは次のとおりです。http://teideninfo.tepco.co.jp

また、東京電力の公式ツイッターでも復旧状況などを確認できます。