民事上の争い解決にAI活用など検討へ

民事上の争い解決にAI活用など検討へ
民事上の争いの円滑な解決に向け、政府は、有識者会議を設置し、AI=人工知能を活用した法律相談や、インターネット上で必要な手続きを完結できるようにする仕組みなどの検討を始めることになりました。
離婚や金銭トラブルなどの民事上の争いをめぐっては、裁判によらず個人で解決を目指す場合などで、法律や手続きの知識が不足していたり、解決までに時間がかかったりすることから、被害者が泣き寝入りするケースも指摘されています。

こうした中、政府は、民事上の争いの円滑な解決に向け、新たに有識者会議を設置し、AI=人工知能を活用した法律相談や、インターネット上で必要な手続きを完結できるようにする仕組みなどの検討を始めることになりました。

会議には、弁護士や学識経験者などが出席し今月27日に初会合が開かれ、先進的な取り組みを行っている海外の事例も参考にしながら今年度中に基本方針をまとめることにしています。