「停電解消」なのに電気がつかないケースも 復旧進める

「停電解消」なのに電気がつかないケースも 復旧進める
台風の被害を受けた千葉県内では、停電が解消した地区でも低圧線などの損傷で電気がつかないケースがあることから、東京電力は、住宅への引き込み線などを詳しく調べて、復旧につなげる取り組みを進めています。
千葉県内では、東京電力が高圧の電線工事を終えて送電を確認し、地区の停電が復旧したと判断しても、低圧線や住宅への引き込み線が損傷している場合は電気がつかないケースが相次いでいます。

こうした停電は、それぞれの家庭などから連絡を受けたうえで、現地で原因を確認し、対策を取る必要があるため、東京電力は、およそ200の作業班を派遣して復旧に当たっています。

このうち低圧線の損傷が確認された「八街市八街に」では、復旧作業が行われ、28世帯の停電が解消されました。

70代の女性は、「この周辺以外は、電気が通っていたので不思議に思っていました。停電が解消してうれしい」と話していました。

一方、東京電力は、それぞれの家庭に設置され、電力使用量を30分ごとに把握できる「スマートメーター」を活用して停電している世帯を把握し、復旧に役立てる取り組みも始めています。

東京電力パワーグリッド配電部の宮本英明マネージャーは、「停電している場所をスマートメーターでも把握し、迅速な復旧につなげたい」と話していました。