憲法審 「党の国民投票法改正案 審議を」 国民 玉木代表

憲法審 「党の国民投票法改正案 審議を」 国民 玉木代表
国会の憲法審査会をめぐって、国民民主党の玉木代表は、政党によるテレビ広告を原則、禁止するなどとした党の国民投票法改正案の審議を行うべきだという考えを改めて示しました。
玉木代表は、東京都内で記者団に対し、自民党の下村選挙対策委員長が、国会の憲法審査会で議論が進まない状況を批判したことについて、「憲法の議論はしっかりやっていこうという立場だ。他党批判ではなく、静かな環境で議論できる場をぜひ作ってもらいたい」と述べました。

そのうえで、「積み残しになっている国民投票法の議論がまず先だ。わが党は、独自の法案を出しているので、議論して成立させたい」と述べ、政党によるテレビ広告を原則、禁止するなどとした党の国民投票法改正案の審議を行うべきだという考えを改めて示しました。

一方、台風15号への政府の対応について、「東日本大震災で千葉県が被った被害をすでに超えていることが明らかになってきているので、臨時国会でも、初動対応に不備がなかったか、しっかり検証していきたい」と述べました。