トランプ大統領 民主党バイデン氏関係の調査求め外交圧力か

トランプ大統領 民主党バイデン氏関係の調査求め外交圧力か
アメリカのトランプ大統領に新たな疑惑が持ち上がりました。民主党のバイデン前副大統領の息子が役員を務めていたウクライナの企業をめぐり、不適切な行為がなかったか調べるようウクライナの大統領に圧力をかけていた疑いがあると複数のメディアが伝えました。
アメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルなどによりますと、トランプ大統領は、ことし7月にウクライナのゼレンスキー大統領と電話で会談した際、野党・民主党のバイデン前副大統領の息子が役員を務めていたウクライナの企業をめぐり、不適切な行為がなかったか調べるよう繰り返し圧力をかけていた疑いがあるということです。

一方、バイデン氏をめぐっては副大統領だった当時、ウクライナで進んでいた汚職捜査の一環で息子が関与する企業を調べていた検事総長を解任させようと働きかけた疑惑があるとしています。

このためバイデン氏が来年の大統領選挙に向けた民主党の候補者選びで支持を集める中、トランプ大統領の弁護士がこの疑惑を調査していたということです。

これについてトランプ大統領は記者団にウクライナ側に調査を要求したかどうかは明言を避ける一方、「バイデン氏を調べるべきだ」と話しました。

またこの電話会談をめぐっては、これを問題視したアメリカの情報機関の当局者が先月、内部告発したのを受け、監察官が議会に通知すべき「緊急性のある懸案」と判断していましたが、結局、通知は見送られたということです。

民主党は外交を政治利用したうえ、隠ぺいしたなどと批判を強めていて、トランプ大統領の新たな疑惑として、今後大きな議論を呼びそうです。

バイデン氏「電話記録の公表を」

報道を受けて民主党のバイデン前副大統領は声明を発表しました。

この中でバイデン氏は、「事実であれば、みずからの力を乱用して私たちの国を卑しめようというトランプ大統領の意志には際限がないと感じる。政治的な目的のために、わが国の外交政策を悪用し、国家の安全を弱体化させるものであり、本当に忌まわしい」と非難しました。

そのうえで「トランプ大統領はすぐに問題となっている電話の記録を公にし、アメリカ国民の判断に委ねるべきだ」として記録の公表を求めました。

ただみずからに向けられた疑惑には言及しませんでした。