エジプト 反政府デモ 強権的シシ政権のもとでは異例

エジプト 反政府デモ 強権的シシ政権のもとでは異例
中東、エジプトの首都カイロなど複数の都市で20日、大統領の退陣を求めるデモが一斉に行われ、治安機関と衝突する事態となりました。強権的なシシ政権のもとで反政府デモが行われるのは極めて異例のことです。
20日、エジプトの首都、カイロ中心部のタハリール広場に大勢の若者が押し寄せ、シシ大統領の退陣を求める反政府デモを行いました。

同様のデモは北部のアレクサンドリアやマンスーラなど各地でも一斉に行われ、治安機関との衝突で死傷者が出たという情報もありますが、正確な情報は明らかになっていません。

ただ、デモの様子はSNSで拡散していて、治安機関が参加者を暴力的に拘束する様子などを捉えた複数の映像が確認できます。

このデモに先立ち、現在、スペインに住むエジプト人のビジネスマンが、シシ政権に対する抗議活動を行うようSNSを通じて呼びかけていました。

エジプトではここ数年、現在のシシ大統領が反体制派の活動を強権的な手法で押さえ込んでため、こうしたデモが起きるのは極めて異例のことで、今後、抗議の声が広がる可能性もあります。