千葉県内の停電 3100戸(午後4時半)

千葉県内の停電 3100戸(午後4時半)
台風15号の影響による千葉県内の停電は、山あいの地域などにあるおよそ3100戸で依然として続いていて、東京電力は復旧を急いでいます。
東京電力によりますと、千葉県内では午後4時半の時点で、8つの市と町のおよそ3100戸が停電しています。

自治体別にみますと、▽南房総市が1300戸、▽鋸南町が800戸、▽市原市が600戸、▽富津市が300戸で停電が続いていて、鴨川市、木更津市、君津市、袖ケ浦市でも停電しているところがあります。

千葉県内の停電戸数は、ピーク時のおよそ64万戸から大幅に減っているものの、22日は大きく復旧が進んでいません。

これについて、東京電力では、倒木で道路が寸断されたり、電柱や電線などの設備が損傷したりしている山あいの地域などで復旧作業に時間がかかっているためだとしています。

停電に関する問い合わせは、東京電力カスタマーセンターのフリーダイヤル0120-995-007、また、有料では03-6375-9803で、毎日、24時間受け付けています。

一方、高圧の電線工事が終わって送電が確認され、地区の停電が復旧したと判断しても、低圧線や住宅への引き込み線が損傷している場合は停電の状態が続く場合があるということです。

東京電力は、今月27日までの復旧を見込んでいますが、できるかぎり作業を急ぎ、復旧を早めたいとしています。

ただ千葉県では、台風17号や前線の影響で、23日にかけて風が強まり、ところによって雷を伴った雨が降る見込みで、東京電力は、天候によっては安全を確保するために作業を一時、中断することもありうるとしています。

停電に関する情報は、東京電力のホームページでも確認することができます。ホームページのURLは次のとおりです。

http://teideninfo.tepco.co.jp

また、東京電力の公式ツイッターでも復旧状況などを確認できます。