台風17号 あす九州北部接近 暴風・高波・大雨に警戒を

台風17号 あす九州北部接近 暴風・高波・大雨に警戒を
大型で強い台風17号は東シナ海を北寄りに進み、22日には暴風域を伴ったまま九州北部に近づく見込みです。九州では局地的に猛烈な雨が降っていて、暴風や高波に加え大雨に警戒が必要です。台風から離れている地域でも風や雨が強まるおそれがあり、十分注意してください。
気象庁によりますと、大型で強い台風17号は、午後11時には、東シナ海を1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、九州などで風が強まり局地的に雨雲が発達しています。

午後10時までの1時間には、宮崎県が西米良村に設置した雨量計で91ミリの猛烈な雨を観測したほか、熊本県湯前町の横谷で50.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。

これまでの雨で、宮崎県と熊本県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

台風は勢力を保ったまま九州北部に近づく見込みで、22日夜には対馬海峡付近を通過して日本海へ進み、23日以降、温帯低気圧に変わりながら北日本に近づく見込みです。

22日にかけては、西日本でも沿岸部を中心に非常に強い風が吹く見込みで、特に台風が接近する九州北部では、猛烈な風が吹くおそれがあります。

22日にかけての最大風速は九州北部で30メートル、沖縄と九州南部、中国地方で25メートル、奄美地方と四国で23メートル、近畿で20メートルで、最大瞬間風速は九州北部で45メートル、沖縄と奄美地方、九州南部、四国、中国地方で30メートルから35メートルに達すると予想されています。

波も高まり、22日にかけては九州北部で猛烈なしけが、奄美地方と九州南部、四国で、大しけが予想されています。

23日から24日にかけては、北陸や北日本でも暴風や大しけとなるおそれがあります。

沖縄・奄美や西日本では、22日にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

22日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多い所で九州南部で400ミリ、九州北部で300ミリ、四国で250ミリ、沖縄と奄美地方、近畿で150ミリ、中国地方で120ミリと予想されています。

さらに23日夕方までの24時間には、四国で200ミリから300ミリ、近畿で100ミリから200ミリ、九州北部で100から150ミリの雨が降ると予想されています。

気象庁は暴風や高波のほか、大雨による土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。

暴風や大雨など状況が悪化する前に早めの避難など対策を取るよう心がけてください。

今回の台風は大型なため、台風の中心から離れている地域でも風や雨が強まるおそれがあり、気象情報などに十分な注意が必要です。

九州北部は猛烈な風も

22日にかけては、沖縄・奄美に加え西日本でも沿岸部を中心に非常に強い風が吹く見込みで、特に台風が接近する九州北部では、猛烈な風が吹くおそれがあります。

22日にかけての最大風速は、▽九州北部で30メートル、▽沖縄と九州南部、中国地方で25メートル、▽奄美地方と四国で23メートル、▽近畿で20メートルで、最大瞬間風速は▽九州北部で45メートル、▽沖縄と奄美地方、九州南部、四国、中国地方で30メートルから35メートルに達すると予想されています。

波も高まり、22日にかけては沖縄と九州北部で猛烈なしけが、奄美地方と九州南部、四国で、大しけが予想されています。23日から24日にかけては、北陸や北日本でも暴風や大しけとなるおそれがあります。

西日本でも非常に激しい雨

台風や前線の影響で、沖縄・奄美や西日本では、22日にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

22日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽九州南部で400ミリ、▽九州北部で300ミリ、▽四国で250ミリ、▽沖縄と奄美地方、近畿で150ミリ、▽中国地方で120ミリと予想されています。さらに23日夕方までの24時間には、▽四国で200ミリから300ミリ、▽近畿で100ミリから200ミリ、▽九州北部で100から150ミリの雨が降ると予想されています。

暴風、高波、大雨に警戒 離れた地域も十分注意を

気象庁は暴風や高波、大雨に警戒するとともに、台風から離れている地域でも風や雨が強まるおそれがあるとして、早めの避難など対策をとるよう呼びかけています。

また、台風15号で大きな被害が出た千葉県や伊豆諸島でも風や雨がやや強まるおそれがあり、復旧作業にあたる際などは注意が必要です。