台風17号 あす沖縄に接近 あさって対馬海峡へ 3連休に影響も

台風17号 あす沖縄に接近 あさって対馬海峡へ 3連休に影響も
大型の台風17号は沖縄の南の海上を北寄りに進んでいて、21日、暴風域を伴って沖縄に接近し、22日日曜日には対馬海峡付近を通過する見込みです。3連休中、日本の広い範囲に影響が出るおそれがあり、最新の情報に注意し早めの対策をとるよう心がけてください。
気象庁によりますと、大型の台風17号は沖縄県の宮古島の沖合を北寄りに進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は25m、最大瞬間風速は35mで、今後さらに発達し、暴風域を伴って北上する見込みです。

▽21日土曜日朝にかけて沖縄県の先島諸島に最も接近し、
▽22日日曜日には対馬海峡付近を通過、
▽23日月曜日から24日火曜日にかけては勢力を保ったまま北陸から北日本に近づくおそれもあります。

沖縄では21日にかけて猛烈な風が吹く見込みで、最大風速は30m、最大瞬間風速は40mに達するほか、海上では波の高さが9mの猛烈なしけが予想され、暴風や高波に警戒が必要です。

九州南部や奄美地方でも21日にかけて風が強まり、海上は大しけとなる見込みです。

また、台風の本体の発達した雨雲や前線の影響で、沖縄、九州、奄美地方、四国では21日にかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

21日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽沖縄と九州南部で200ミリ、
▽奄美地方と九州北部で150ミリ、
▽四国で120ミリと予想され、さらに22日夜遅くまでの24時間には、
▽九州南部で300~400ミリ、
▽九州北部と四国で200~300ミリ、
▽奄美地方、中国地方、東海で100~200ミリ、
▽沖縄で100~150ミリの雨が降る見込みです。

台風の進路によっては、3連休中、日本の広い範囲に影響が出るおそれがあり、気象庁は、最新の情報に注意するとともに、早めに対策を取るよう呼びかけています。

台風15号で大きな被害が出た千葉県や伊豆諸島でも風や雨がやや強まるおそれがあり、復旧作業にあたる際などは注意が必要です。