男児遺体遺棄事件 逮捕の父親「本当の親じゃないと言われた」

男児遺体遺棄事件 逮捕の父親「本当の親じゃないと言われた」
k10012091111_201909201207_201909201209.mp4
さいたま市の集合住宅で、小学4年生の男の子が殺害されているのが見つかった事件で、逮捕された男の子の父親で母親の再婚相手の男が、調べに対し「息子が帽子を無くしたので探すように注意したら『本当の父親じゃないのに』と文句を言われ頭にきて殺した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。
18日、さいたま市見沼区の集合住宅で、小学4年生の進藤遼佑くん(9)が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、警察は母親の再婚相手で、無職の進藤悠介容疑者(32)を遺体を遺棄した疑いで逮捕し、20日午前、検察庁に送りました。

これまでの調べに対し、進藤容疑者は殺害したことも認めていて、動機については「息子が帽子を無くしたので探すように注意したら『いいじゃん。本当の父親じゃないのに』と文句を言われたので頭にきて殺した」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

遼佑くんの体にあざなどはなかったということで、警察は突発的に事件を起こしたとみて詳しいいきさつをさらに調べています。