夢が記憶に残りにくくする神経細胞 脳に存在か 名大が研究

夢が記憶に残りにくくする神経細胞 脳に存在か 名大が研究
寝ている時に見た夢は記憶に残りにくいものですが、こうしたことを引き起こす神経細胞のシステムが、脳の中にある可能性を名古屋大学のグループがマウスを使った実験で明らかにしました。
名古屋大学の山中章弘教授の研究グループは、脳の中で睡眠や食欲の調整をしている部分にだけ存在している、MCH神経細胞という特殊な神経細胞の働きをマウスを使って調べました。

その結果、MCH神経細胞の一部が、浅い眠りであるレム睡眠になると活発に働き、その結果として記憶をつかさどる部分の活動を抑えることが分かったということです。

研究グループではMCH神経細胞を人工的に活性化させると、記憶力が低下することも確認できたとしていて、この働きによってレム睡眠の間に見た夢が記憶に残りにくいのではないかとしています。

山中章弘教授は「夢が記憶に残りにくくする神経細胞のシステムが脳の中にある可能性があり、夢と現実が混同しないよう備わっているのではないか」と話しています。