千葉県内停電 2万1500戸(午後11時時点)

千葉県内停電 2万1500戸(午後11時時点)
台風15号の影響で千葉県では19日午後11時の時点で依然としておよそ2万1500戸で停電が続いています。東京電力は、20日までに千葉市の緑区や若葉区で停電の解消を目指しており、できるだけ多くの地区で復旧できるよう作業を急いでいます。
台風15号に伴う大規模な停電が起きてから19日で10日になりますが、東京電力によりますと、19日午後11時の時点で千葉県では、依然としておよそ2万1500戸で停電が続いています。

停電の戸数を自治体別にみると、市原市が3300戸、富津市が2900戸、南房総市と君津市が2600戸、山武市が2400戸、八街市が1600戸などとなっています。

一方、東京電力によりますと、神崎町、成田市、多古町、東金市、大網白里市、芝山町、佐倉市で停電がおおむね解消したということです。

ただ、いったん復旧したあとでも電線に傷が残っていたり倒木などがあったりした場合、再び停電することもあるとしています。

東京電力は20日までに千葉市の緑区と若葉区で停電がおおむね解消するという見通しを示しています。また、市原市や八街市などの一部の地区についても、あすから電気が使えるようになるところもある見込みで、東京電力はできるだけ多くの地区であす中に復旧できるよう作業を急いでいます。

一方、山沿いを中心に、倒木の撤去や電柱・電線の修復に時間がかかることが見込まれる地域では、今月27日までの復旧を目指して作業を行うということです。

また、建物内の電気配線などが破損していた場合、復旧に伴って配線などから火が出る「通電火災」が起きるおそれもあるため、東京電力は、停電している住宅を空けて長時間外出する際にはあらかじめ電気のブレーカーを切っておくなど、注意してほしいと呼びかけています。

停電に関する情報は、東京電力のホームページで確認することができます。ホームページのURLは次の通りです。

http://teideninfo.tepco.co.jp
また、東京電力の公式ツイッターでも復旧状況などを確認できます。