さいたま 小4男児殺害 父親の逮捕状請求へ 遺体遺棄の疑い

さいたま 小4男児殺害 父親の逮捕状請求へ 遺体遺棄の疑い
k10012089691_201909191705_201909191714.mp4
18日未明、さいたま市見沼区の集合住宅で、この住宅に住む小学4年生の男の子が殺害されているのが見つかった事件で、警察は32歳の父親が男の子の遺体を遺棄した疑いが強まったとして逮捕状を請求する方針を固めました。
18日午前0時40分ごろ、さいたま市見沼区大谷の集合住宅の敷地内でこの住宅に住む小学4年生の進藤遼佑くん(9)が死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、遼佑くんが見つかったのは自宅近くの水道メーターなどが入っているスペースで首には絞められたような痕があったことなどから警察は殺害された疑いがあるとみて捜査していました。

その結果、32歳の父親が遼佑くんの遺体を遺棄した疑いが強まったとして、逮捕状を請求する方針を固めました。