円相場 日銀の金融緩和策維持でやや円高に

円相場 日銀の金融緩和策維持でやや円高に
19日の東京外国為替市場、円相場は、午前中、一時1ドル=108円台の半ばまで円安が進んでいましたが、日銀が大規模な金融緩和策を維持すると発表したあと円を買う動きが出て、やや円高ドル安が進んでいます。
市場関係者は「ここ最近は日銀が追加の金融緩和策に踏み切るのではないかと見て金利が低くなる円を売る投資家もいたが、昼前に日銀から緩和策の維持が発表されると円を買い戻す動きが出ている。ただ、急激に円高が進む展開にはなっていない」と話しています。