停電 洋菓子工場 シュークリームなど製造できず 千葉 芝山町

停電 洋菓子工場 シュークリームなど製造できず 千葉 芝山町
k10012087251_201909181232_201909181236.mp4
千葉県北東部の芝山町にある洋菓子メーカーの工場では、台風15号の影響で今も停電が続いていて、売り上げの8割を占める主力商品を製造できない状況が続いています。
この工場は、会社の主力商品であるシューアイスやシュークリームなどを製造していましたが、台風の影響で今も停電が続いています。

工場には非常用の発電機がありますが、在庫の商品を保存する冷凍庫を動かすのに手いっぱいで、製造ラインは動かすことができません。また消費期限が過ぎた原料の卵や生クリームなどおよそ11トンを廃棄せざるをえなかったということです。

売り上げの8割を占める商品を製造できない厳しい状況が続く中、停電が解消される見通しも不透明なため、この工場では、大型の発電機を借りて早ければ22日にも製造を再開したいとしています。

洋菓子のヒロタ千葉ファクトリーの土屋文男工場長は、「3連休が続き、売り上げが伸びるこの時期に生産できないのは会社にとっては大変です。心待ちにしている人たちのためにも一日も早く再開したい」と話しています。