停電の影響で宅配便の遅れ 新規預かりの取りやめも 千葉

停電の影響で宅配便の遅れ 新規預かりの取りやめも 千葉
台風15号による停電の影響で千葉県では、宅配便の配送の遅れなどが続いています。
ヤマト運輸は、荷物の保管施設にある冷蔵庫が停電で使えなくなっているということです。

このため、冷蔵や冷凍の荷物を扱う「クール宅急便」は、鴨川市や館山市、南房総市、鋸南町に向けた荷物で新規の預かりを取りやめています。

佐川急便も、冷蔵や冷凍の荷物を扱う「飛脚クール便」について鴨川市や館山市、南房総市、鋸南町の全域のほか、君津市や富津市の一部の地域に向けた荷物で新規の預かりを取りやめています。

一方、日本郵便は、冷蔵や冷凍の荷物を運ぶ「チルドゆうパック」の新規の預かりを受け付けているということです。

各社とも停電している地域では、信号機の停止や通行止めなどの道路事情の影響で冷蔵や冷凍以外の通常の荷物の配送にも一部で遅れが出ているということです。