池袋のホテルで見つかった遺体 都内の36歳女性と判明

池袋のホテルで見つかった遺体 都内の36歳女性と判明
今月、東京 池袋のホテルで袋やシーツにくるまれた状態で見つかった遺体は都内の36歳の女性とわかりました。現場の部屋に不審な男が入室したおよそ2時間後に、池袋駅からホテルに向かって歩く女性の姿が防犯カメラに写っていて、警視庁は、男が女性を現場に呼び出した疑いもあるとみて調べています。
今月12日の夜、東京 豊島区池袋のホテルの部屋で、女性が手足を縛られ、布団の圧縮袋のようなものに入れられたうえ、シーツでくるまれた状態で死亡しているのが見つかりました。

警視庁は殺人事件として捜査するとともに遺体の確認を進めたところ、女性は江東区南砂の無職、荒木ひろみさん(36)とわかりました。

これまでの調べで、現場の部屋には、今月12日の午後3時半ごろ、白いマスクをした30代くらいの不審な男が入室したことがわかっていますが、そのおよそ2時間後に池袋駅からホテルに向かって歩く女性の姿が防犯カメラに写っていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

女性が自宅を出る際、同居する親に対しては「病院に行く」と伝えていたということです。

女性が入れられていた圧縮袋のような袋や、手足を縛られていたひもなどは、部屋にあったものではなく外部から持ち込まれたとみられ、警視庁は、男が殺害する目的で女性を現場に呼び出した疑いもあるとみて調べています。