世界文化賞 歌舞伎の坂東玉三郎さんら6人

世界文化賞 歌舞伎の坂東玉三郎さんら6人
世界の優れた芸術家に贈られる「世界文化賞」が17日発表され、歌舞伎俳優の坂東玉三郎さんなど6人が選ばれました。
「高松宮殿下記念世界文化賞」は日本美術協会が絵画や音楽など5つの分野で世界的に活躍する優れた芸術家に毎年贈っているもので17日、東京でことしの受賞者が発表されました。

このうち演劇・映像部門は歌舞伎界を代表する女形で、演出家や映画監督としても国内外で幅広く活躍している坂東玉三郎さんが選ばれました。

会見で玉三郎さんは「世界の芸術家の大先輩たちと同じ賞をいただけたことはとても感慨深い。芸術の世界はいくら学んでもきりがないが、これからも古いことを学んで新しいものを開拓し、知らない人でも理解できるような作品をつくり続けていきたい」と受賞の喜びを述べました。

世界文化賞ではこのほか絵画部門は南アフリカの芸術家、ウィリアム・ケントリッジさん、彫刻部門はイギリスの芸術家、モナ・ハトゥムさん、建築部門は夫婦で建築家として活躍しているアメリカのトッド・ウィリアムズさんとビリー・ツィンさん、音楽部門はドイツのバイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターさんがそれぞれ選ばれました。

授賞式は来月16日に東京で行われます。