目黒虐待死事件 母親に懲役8年の判決 東京地裁

目黒虐待死事件 母親に懲役8年の判決 東京地裁
k10012085821_201909172001_201909172004.mp4
去年、東京 目黒区で、5歳の娘に十分な食事を与えず死亡させた罪に問われた母親に対し、東京地方裁判所は「両親による食事制限はひどく、強く非難されるべきだが、元夫の意向に従ってしまった面が否定できない」として、懲役8年を言い渡しました。
東京 目黒区の無職、船戸優里被告(27)は、去年3月、元夫の雄大被告(34)とともに、当時5歳だった娘の結愛ちゃんに十分な食事を与えず病院にも連れて行かずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われました。

検察が懲役11年を求刑した一方、被告の弁護士は「死亡への関与は低い」として懲役5年が相当だと主張していました。

17日の判決で東京地方裁判所の守下実裁判長は「両親による食事制限はひどく、医療処置を受けさせなかったことも悪質で強く非難されるべきだ」と指摘しました。そのうえで「雄大被告の意向に従ってしまった面が否定できない」として、懲役8年を言い渡しました。

判決の言い渡し後、裁判長は被告に対し「結愛ちゃんは戻ってきませんが、裁判が終わったあともしっかり考え、やり直してください」とことばをかけました。

裁判員「結愛ちゃんのノート、とても痛々しく」

判決のあと、裁判員3人と補充裁判員1人が記者会見に出席し、結愛ちゃんが「おねがいゆるしてください」などと書き残したノートについて思いを話しました。

裁判員を務めた50代の女性は「裁判でノートの内容が読み上げられた時、とても賢い子だなと思い、それが証拠になってしまってとても痛々しく思いました」と話しました。

補充裁判員を務めた40代の男性は「私も被害者と同じくらいの年齢の子どもがいるので、自分の子どもと重ねながら、結愛ちゃんが受けた虐待のつらさや苦しみを想像して、いたたまれない気持ちになりました」と話しました。

また、裁判員を務めた50代の男性は優里被告について、「刑期を終えた後には頑張って生きていってもらいたい」と話していました。