香港で列車が脱線 8人がけが 5人が病院に搬送

香港で列車が脱線 8人がけが 5人が病院に搬送
k10012085791_201909171511_201909171515.mp4
香港で17日朝、乗客を乗せて終着駅に到着しようとしていた列車が脱線し、香港政府によりますと5人が病院に搬送されたということです。
日本時間の17日午前9時半すぎ、香港の九龍半島にある紅※カン駅で駅のホームに入線しようとしていた列車が突然、脱線しました。

香港政府や消防によりますと、この事故で男女8人が首や肩などにけがをし、このうち5人が病院に搬送されたということです。

鉄道会社などによりますと、12両編成の列車には通勤や通学で500人以上が乗っていて終点の紅カン駅に到着しようとしていたときに4両目と5両目、それに6両目の車両が脱線したということです。

地元メディアの映像では、脱線した車両の連結器が外れ、線路をまたぐ形で止まっていて、大勢の乗客がドアから線路に降りて歩いて避難する様子が見られました。

香港政府によりますと、現場近くでは線路で1か所、ひび割れが確認されたということです。

香港政府の陳帆運輸・住宅局長は「事故原因についてはすべての可能性を排除せず、警察と協力して究明に全力をあげたい」と述べ事故の原因について警察とともに詳しく調べることにしています。

※は「石」へんに「勘」。

現場は…

脱線の現場では、3両の列車が複数の線路をまたぐような形で脱線していました。
脱線した列車の車体の側面には、何かにぶつかってできたとみられる穴が空いているのが確認できたほか、レールや枕木には削られたようなあとが残っていました。