国民 玉木代表「数の力で押し切らないように」憲法審査会

国民 玉木代表「数の力で押し切らないように」憲法審査会
自民党が憲法改正に向けた党内の体制を一新したことに関連し、国民民主党の玉木代表は「数の力で押し切るような議論にならないようにしてほしい」と述べ、国会の憲法審査会での議論は野党側の意見も聞きながら丁寧に進めるよう求めました。
憲法改正に向けて自民党は、役員の人事に合わせて憲法改正推進本部長に細田博之元幹事長の起用を内定するなど、体制を一新しました。

これに関連して、国民民主党の玉木代表は東京都内で記者団に対し「憲法の議論はワイルドではなくマイルドに進めてもらいたい。決して数の力で押し切るような議論にならないよう尽力してほしい」と述べ、国会の憲法審査会での議論は野党側の意見も聞きながら丁寧に進めるよう求めました。

また自民党が来月召集される見通しの臨時国会で、国民投票法改正案の成立を目指していることについて、玉木氏は「国民民主党は、政党によるテレビ広告を原則禁止することを盛り込んだ独自の法案を国会に提出しているので、まずはこちらをしっかり審議して通してもらいたい」と述べました。