ホテル女性遺体 防犯カメラにJR池袋駅へ逃走する男

ホテル女性遺体 防犯カメラにJR池袋駅へ逃走する男
12日、東京 池袋のホテルで袋やシーツにくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、防犯カメラの映像から遺体が発見される1時間ほど前に1人で部屋を出た男は、JR池袋駅に向かって逃げていたことが捜査関係者への取材で分かりました。駅の構内にいる姿も写っていた
ということで、警視庁は電車で逃走したとみて捜査しています。
12日の夜、東京 豊島区池袋のホテルの部屋で、30代から40代とみられる女性が手足を縛られ、布団の圧縮袋のようなものに入れられたうえ、シーツでくるまれた状態で死亡しているのが見つかり、警視庁が殺人事件として捜査しています。

これまでの調べで、遺体が見つかる1時間ほど前、30代くらいの男が1人で部屋を出たことが分かっていますが、周辺の防犯カメラには、その後、JR池袋駅の北口に向かって歩いて逃げる姿が写っていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。

男は黒色のリュックサックとキャリーケースを持っていたということです。

防犯カメラには駅の構内にいる姿も写っていたということで、警視庁は電車で逃走したとみて行方を捜査しています。