世界の子ども 6人に1人が学校通えず ユネスコ報告書

世界の子ども 6人に1人が学校通えず ユネスコ報告書
世界で貧困などを理由に学校に通えない子どもは6人に1人に上ることが明らかになり、ユネスコ=国連教育科学文化機関は各国に緊急の対策をとるよう訴えています。
ユネスコは、世界各国の6歳から17歳までの子どもたちを対象に去年、就学状況について調査を実施し、その報告書を13日、発表しました。

それによりますと、去年、学校に通っていない子どもの数は世界でおよそ2億5840万人に上り、これは全体の6人に1人にあたるということです。

また、15歳から17歳までの子どもで高等教育を受けられない人の割合は、先進国ではおよそ8%であるのに対し、発展途上国ではおよそ61%に上っていて、経済発展の状況によって大きな差があることを改めて示しました。

高等教育を受けられない背景には貧困があり、学校に通いたくても就職を優先せざるをえない子どもが多いためだとしています。

さらに、小学校に一度も通えない男の子はおよそ300万人であるのに対し、女の子はおよそ900万人と3倍に上るとし、男女間の教育格差も依然として残っていると指摘しています。

ユネスコは世界の子どもの就学状況は10年以上、改善されていないとし、各国に緊急の対策をとるよう訴えています。