香港 「中秋節」に合わせて各地で抗議活動

香港 「中秋節」に合わせて各地で抗議活動
k10012081771_201909140701_201909140704.mp4
抗議活動が続く香港では、13日夜、日本の十五夜にあたる「中秋節」に合わせて各地で抗議活動が行われました。
香港では、容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例改正案の撤回が発表されたあとも、市民の抗議活動が続いています。

「中秋節」の13日夜は、ランタン祭りなど大勢の人が集まるイベントに合わせて香港各地で抗議活動が行われ、このうち中心部のビクトリアパークでは大勢の若者や家族連れらが集まり「香港を取り戻せ」と書かれたちょうちんを掲げるなどして公園内を練り歩きました。

市民らは時折「香港人頑張れ」などとシュプレヒコールをあげたり、一連の抗議活動をめぐる参加者の思いを歌詞に込めた「香港に栄光あれ」と題した歌を声を合わせて歌ったりしていました。

子どもと夫と一緒に参加した30代の女性は「きょうはランタンのイベントもあるし、抗議活動もあるので、子どもを連れてやってきました」と話していました。

香港では、この週末も複数の抗議活動が計画されていますが、当局は15日、大規模なデモ行進を呼びかけていた民主派団体に許可を出しませんでした。

このため団体は中止を発表しましたが、無許可のままデモ行進が行われるとみられています。