大相撲秋場所7日目 貴景勝 連敗避けられるか

大相撲秋場所7日目 貴景勝 連敗避けられるか
大相撲秋場所は7日目。13日に今場所初黒星を喫した関脇 貴景勝は、平幕の千代大龍との対戦で、大関復帰へ向けて連敗は避けたいところです。
10勝を挙げると大関に復帰できる貴景勝は、13日に小結 遠藤に敗れて今場所初黒星を喫しました。

14日は前頭5枚目の千代大龍と対戦します。過去の対戦成績は、貴景勝の5勝2敗で、この1年では唯一顔を合わせた春場所で、貴景勝が勝っています。いずれも、力強い立ち合いには定評があります。

貴景勝は、立ち合いの踏み込みで上回ったうえで持ち味の突き押し相撲を貫いて白星をつかんで連敗は避けたいところです。

今場所、一人横綱の鶴竜は、13日に大栄翔に敗れ2敗となりました。

14日は、前頭3枚目の友風との対戦で、初めて顔を合わせた先場所、はたき込みで敗れています。

鶴竜は、立ち合い鋭く踏み込んで低い姿勢を保って速い攻めを展開できれば優位は動きません。

友風は、得意の突き押しで横綱の出足を止めて勝負したいところです。

好調な三役陣のうち、13日に貴景勝に勝って1敗を守った小結 遠藤は小結の阿炎と、同じく1敗の関脇 御嶽海は、前頭4枚目の正代と対戦します。

ここまでただ1人6連勝で前頭8枚目の隠岐の海は、経験が豊富な妙義龍との顔合わせです。