諫早湾干拓裁判 高裁で和解による解決図られるか注目

諫早湾干拓裁判 高裁で和解による解決図られるか注目
k10012081721_201909140516_201909140518.mp4
長崎県諫早湾の干拓事業をめぐる裁判で、13日、最高裁判所は判決で、開門を命じた確定判決を無効にする方向性を示唆しました。一方、国の主張は退け高裁で審理をやり直すよう命じていて、高裁では漁業者などとの和解によって解決が図られるかが注目されます。
諫早湾の干拓事業をめぐり、国が排水門の開門を命じた確定判決の効力をなくすよう求めた裁判で、13日、最高裁判所は国の訴えを認めた2審の判決を取り消し、福岡高裁で審理をやり直すよう命じました。

その一方で、最高裁は「判決を無効とする理由がないかさらに審理を尽くすべきだ」として、審理すべき争点を具体的にあげ、開門を命じた確定判決を無効にする方向性を示唆しています。

これまでの裁判では、裁判所が開門しないことを前提とした和解案を示し、漁業者側が拒否してきました。

判決について、農林水産省は開門ではなく「基金による和解を目指すことが最良」という方針は変わらないとして、今後も漁業者との和解に向けた話し合いを続けていく考えを示した一方、漁業者の弁護団も「今後の判決がどんなものでも紛争は解決しない」として、和解協議を求めるとしています。

今後、福岡高裁では和解に向けた話し合いが行われるとみられ、開門の是非をめぐる紛争が長引く中、和解による解決が図られるかが注目されます。