東京電力 千葉県内の停電被害地域に料金特別措置

東京電力 千葉県内の停電被害地域に料金特別措置
東京電力は、台風15号による停電で被害を受けた千葉県内の地域の一般家庭などを対象に、電気料金の支払期日を1か月間延長するなどの特別措置を取ることを決めました。
特別措置の対象となるのは、いずれも千葉県で、災害救助法が適用された、千葉市の中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、市原市、鴨川市、君津市、富津市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、それに鋸南町の合わせて41の市町村です。

これらの市町村では、東京電力と契約している一般家庭や事業者などが申請をすると、先月分からことしの11月分までの電気料金について、支払期日が1か月間延長されます。

また、住宅の損壊や避難によって、被害を受けたあと全く電気を使用しなかった場合、来月分から最大で半年間、電気料金が免除されます。

こうした特別措置を受けるには、東京電力エナジーパートナーのカスタマーセンターに連絡する必要があります。

電話番号はフリーダイヤル、0120-993-052で、平日と土曜日の午前9時から午後5時まで受け付けています。