自民 憲法改正推進本部長などの体制を一新

自民 憲法改正推進本部長などの体制を一新
憲法改正に向けて、自民党は推進本部長などの体制を一新し、来月召集される見通しの臨時国会で議論を進めたい考えです。一方で、立憲民主党など野党側からは「拙速に進める必要はない」といった意見が出ていて、先行きは不透明な情勢です。
自民党は、党の役員人事に合わせて、憲法改正推進本部長に安倍総理大臣の出身派閥の細田派の会長を務める細田博之元幹事長を起用することを内定しました。

また、衆議院の新しい憲法審査会長には、野党側とのパイプもある、麻生派の佐藤勉元国会対策委員長を推す方向で調整しています。

自民党は、一新した体制のもと、来月上旬に召集される見通しの臨時国会で野党側にも協力を求め、国民投票法改正案の成立を目指すとともに、憲法改正案の議論を進めたい考えです。

ただ、公明党の山口代表は「国会で与党も野党も議論に臨むことができる環境を作っていくことが最初の努力だ」と述べ、丁寧な対応が必要だと指摘しています。

一方、立憲民主党など野党側からは「拙速に進める必要はない」といった声や、国民投票に伴うテレビ広告などの規制をめぐる議論を優先すべきだという意見が出ていて、先行きは不透明な情勢です。