約14万戸で停電続く 設備復旧や電力安定性確認に時間要する

約14万戸で停電続く 設備復旧や電力安定性確認に時間要する
台風15号の影響で、千葉県では依然としておよそ13万8500戸で大規模な停電が続いています。14日の1日で2万5000戸余りが復旧していますが、東京電力によりますと、損傷した設備の復旧に加えて電力の安定性を確認する作業に時間がかかっているということです。
東京電力によりますと、千葉県内では15日午前0時の時点で、依然としておよそ13万8500戸で停電が続いています。

14日は1日で2万5000戸余りが復旧していますが、東京電力によりますと、損傷した設備の復旧に加えて電力の安定性を確認する作業に時間がかかっているということです。

午前0時の時点の停電戸数は
▽南房総市が1万5600戸
▽市原市が1万3600戸
▽千葉市が9900戸
▽館山市が9900戸などとなっていて、なお広い範囲で停電が続いています。

東京電力は、千葉市や市原市、木更津市などでは16日までにおおむね復旧し、南房総市や館山市など県南部では今月27日までにおおむね復旧するという見通しを示していますが、地域によっては停電が発生から20日間におよぶ可能性があり、1日も早い速やかな復旧が求められます。

停電に関する情報は東京電力のホームページで確認することができます。
ホームページのURLは次のとおりです。http://teideninfo.tepco.co.jp