巨人が広島に勝ち優勝へのマジック「6」に

巨人が広島に勝ち優勝へのマジック「6」に
プロ野球は3試合が行われ、セ・リーグ首位の巨人は広島に勝って優勝へのマジックナンバーを「6」としました。

セ・リーグ

巨人対広島は、巨人が5対1で勝ちました。

巨人は1回に岡本選手のタイムリーで先制し、4回にはベテランの阿部選手のタイムリーで追加点を挙げました。

先発の山口投手は、8回途中まで1失点、10個の三振を奪ってリーグ単独トップとなる14勝目を挙げました。

巨人の優勝へのマジックナンバーは1つ減って「6」となりました。

中日対阪神は、阪神が7対1で勝ちました。

阪神は3回、福留選手の9号スリーランなどで4点を先制し、6回には先発の西投手がタイムリーツーベースを打って追加点を挙げました。

西投手は7回を1点に抑え、8勝目を挙げました。中日は柳投手が5回5失点と打たれました。

パ・リーグ

西武対ロッテは、西武が6対1で勝ちました。

西武は1回に中村選手のタイムリーツーベースで先制し、3回には森選手と外崎選手のタイムリーなどで3点を加え、さらに6回に秋山選手の20号ツーランで突き放しました。

先発のルーキー、松本航投手は自己最長の7回を2安打無失点で抑え7勝目を挙げました。

西武は快勝し、13日試合がなかった首位ソフトバンクにゲーム差なしに迫りました。

ロッテの連勝は「3」でストップです。