「乳がん検知をマイクロ波で」神戸大学などが新たな検査法開発

「乳がん検知をマイクロ波で」神戸大学などが新たな検査法開発
神戸大学などのグループが微弱な電波を発して高い精度で乳がんを発見できる世界初の装置を開発しました。2年後の実用化を目指すとしています。
この装置は、神戸大学の木村建次郎教授のグループが開発したもので、装置に接続された5センチほどの大きさのセンサーを乳房に当てて「マイクロ波」と呼ばれる微弱な電波を発信します。

センサーが、跳ね返ってくる電波を検知し、コンピューターで解析するとがんの位置や大きさが立体的な画像となって瞬時に表示される仕組みです。

従来の乳がんの検診で行われている「X線マンモグラフィー」は、胸を圧迫するため痛みを伴う上、乳腺や乳房を支えるじん帯の密度が高い体質の人は、がんが隠れて画像に写りにくく発見が難しいという欠点が指摘されていました。

「マイクロ波」は、乳腺やじん帯を通り抜けるためがんを鮮明に識別でき、痛みも感じないということです。

木村教授によりますとこの装置に、協力企業から20億円の出資を受けたということで、2年後の実用化を目指すとしています。

木村教授は、「医療機関や学会と連携し、ひとりでも多くの人に装置を使ってもらって効果を確かめ、乳がんの早期発見に役立てたい」と話していました。