コソボ大統領 日本の積極投資に期待

コソボ大統領 日本の積極投資に期待
来日中の旧ユーゴスラビアのコソボのサチ大統領がNHKのインタビューに応じ、中国との国交がないことから中国企業が進出していないコソボに日本からの積極的な投資を呼びかけました。
旧ユーゴスラビアのセルビアの自治州だったコソボは、1990年代後半の民族紛争を経て2008年にセルビアから独立を宣言しました。

ことしで日本との外交関係の樹立から10年となるのに合わせ、コソボのサチ大統領が来日し、13日都内でNHKのインタビューに応じました。

この中でサチ大統領は「日本はコソボの独立をいち早く承認してくれ、さまざまな分野で緊密な関係を築けている」と述べ、独立後の日本の支援に感謝しました。

そのうえで、中国がコソボの独立を承認せず、国交がないことから、中国企業が進出していないことを念頭に、サチ大統領は「コソボには若くて安い労働力が豊富で、投資環境が整っている。日本企業がバルカン半島に進出する拠点にしてほしい」と述べ、日本からの積極的な投資を呼びかけました。

外務省によりますと、これまで日本はコソボへゴミ処理などの整備に28億円余りの支援を行っていますが、日本からの進出企業は2社にとどまっていて、経済分野での関係強化が課題となっています。