「旭日旗」(きょくじつき)持ち込み 組織委見解支持 小池知事

「旭日旗」(きょくじつき)持ち込み 組織委見解支持 小池知事
韓国が、東京オリンピック・パラリンピックの競技会場に「旭日旗」(きょくじつき)を持ち込むことを禁止するよう求めていることについて、東京都の小池知事は、旗の持ち込み禁止は想定していないとする日本の大会組織委員会の見解を支持する考えを示しました。
韓国の文化体育観光省などは、来年の東京大会で「旭日旗」を競技会場に持ち込むことについて、「歴史的な傷や苦痛を想起させる政治的な象徴物だ」などとして、IOC=国際オリンピック委員会やIPC=国際パラリンピック委員会に禁止するよう求めています。

一方、日本の大会組織委員会は、持ち込みを禁止することは想定していないとする見解を示しています。

これについて、東京都の小池知事は13日の記者会見で、「韓国が問題視しているということだが、すでにIOCがケースバイケースで対応すべきという話をし、大会組織委員会も認める発言をしており、それに尽きる」と述べ、旗の持ち込み禁止は想定していないとする日本の大会組織委員会の見解を支持する考えを示しました。