「原発の廃炉や汚染水処理が最重要課題」菅原経産相

「原発の廃炉や汚染水処理が最重要課題」菅原経産相
菅原経済産業大臣は13日、福島県の内堀知事と会談し、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉や汚染水を処理したあとの水の扱いを最重要の課題に取り組んでいく考えを伝えました。
菅原経済産業大臣は13日、就任後初めて福島市を訪問し、内堀知事と会談しました。

菅原大臣は「8年半にわたって知事や福島の皆様に大変なご迷惑をおかけし、経済産業大臣として改めておわびしたい」と述べました。

そのうえで「廃炉の問題と汚染水の処理は最重要課題の一つだと認識している。中長期のロードマップに沿って安全をしっかり確保して尽力したい」と述べました。

汚染水を処理したあとの水の扱いをめぐって、国の有識者会議はこれまでに放射性物質の濃度を基準以下に薄めて海へ放出する方法やタンクで長期保管するなど複数の案を示しています。

菅原大臣は「処分の方法は検討中で、専門家が議論を重ねて今後決めていくが、経済産業省としても責任をもって取り組みたい」と述べ、慎重に対応していく考えを示しました。